2018年03月28日

ピラティス リフォーマー3号機

DSC05094.JPG

リフォーマー3号機の部材三たび鏡面研磨。
この作業だけはどうも弱音が出る。


DSC05087.JPG

本体組立。
蟻形大入れと丸棒貫 楔留め4箇所。


DSC05110.JPG

昨年秋に初号機を製作。
早くも3号機完成。
インストラクターの方の意見を参考に各部での変更を繰り返しながら現在も進化中。


続きを読む
posted by nanoda at 14:50| Comment(0) | 日記

2017年10月29日

ピラティス ヨガ器具


ピラティスで使用するリフォーマーという器具の製作依頼を頂いた。
木製器具で製作は可能だけれど、それに付随する金具、発条(バネ)の設計・製作、調達等の困難さと可動して使用する為、安全性・耐久性に確固たる自信が持てないので一度辞退した。
その後、製作を引き受けてくれる所が見つからないとのことで再度依頼を頂いた。

実際に使用中のELINA PILATES製のリフォーマーを見せて頂いた。
用材はメープルで丁寧に製作されていた。合皮の縫製も丁寧。
金具もステンレスの磨きで美しい。

同等の製品を単品でオーダー製作すると、既存メーカー製より高価になると思われる。
以上の事を踏まえても、国産リフォーマーの製作を熱望するMBD(メディカルボディデザイン)の方々に好感を持てた事と、何より面白そうなので製作を引き受ける事に。

僕自信が危惧している点は製作してみない事にはクリア出来ないので、その都度改善して対処することで理想とする製品に仕上げていく事で一致した。


そして叩き台として9月末に初号機が完成。

DSC05033.JPG

続きを読む
posted by nanoda at 16:00| Comment(0) | 日記

2017年09月24日

鏡面仕上げ


現在、製作中の製品を構成するステンレスの一部。
100〜#600のペーパーで、ひたすら空研ぎ。
ディスクサンダーに専用フェルトを取り付け白棒(酸化アルミニウム+油脂)、青棒(酸化クロム+油脂)の順番で光沢仕上げ。

最早、家具職人じゃないかも。

reformar01.png


reformar02.png

posted by nanoda at 13:26| Comment(0) | 日記