2015年05月14日

山門の角材搬入

大斗の製作に伴い、棟梁の作業場に大分から材料が搬入されてきたので見学に。

写真では比較するものがなく分かりづらいのですが、圧倒される大きさの見事な角材たちです。

僕の感違いというか知らなかったことですが、山門ということで構造上支える柱は場合によっては4面見えるので四方柾の材を用いるものと考えていましたが、耐荷重強度は芯持ち材の方が芯去り材と比較して強いので、背割りをして芯持ち材を用いるとのこと。

冷静に考えると、おおよそ350角で四方柾目の材を調達するのは困難だと思われる。

daitoku102.png

daitoku101.png



チェスト、テレビ台、ソファー、カップボード扉と立て続けに、それぞれ別の方から修理依頼を受けた。

チェスト本体はMDF材にメラミン貼り、抽斗前板はエナメル塗装の鏡面仕上げ。

写真の黄色いマスキングテープを貼ったあたりに欠損・割れが複数。

まず補修箇所の脆弱部分を撤去、シンナーによる脱脂、ペーパーによる足つけの後、パテ処理。

yamatoCH01.png

yamatoCH03.png

yamatoCH02.png

エナメル塗料は下地の隠蔽性はいいけど再塗装する塗料によってはリフティングを起こすので注意が必要。

もっとも、アクリル系のクリア塗装が厚めに塗布されてると思われるので補修箇所の着色(色合わせ)はアクリル樹脂塗料にて行うも、補修範囲が広くなりすぎて3杯は前板全面を塗布。

クリア塗装にて艶調整を行い完了。



ソファーはウェーブスプリングの連結金具が破損していたので交換。

repairSofa01.png



カップボードの扉はスライド丁番の交換依頼(その他不具合があり現在修理中)

Ida_rep02.png



posted by nanoda at 11:38| Comment(0) | 日記